2階海獣ひろばで展示を行っているオウサマペンギンにひなが誕生し、
すくすくと成長しており、2020年8月29日(土)から展示を開始いたしました。

オウサマペンギンのひなは、2020年8月19日(水)に誕生し、誕生時の体重は175gでしたが、
半月で約500gになり、日に日に大きく成長しております。現在は、親鳥に守られながら生活しており、
時折顔を出してごはんをねだる様子など、大変可愛らしい姿が見られます。
母親は、仙台うみの杜水族館で初めて誕生したオウサマペンギンの「あおば」で、
初めての子育てに奮闘する「あおば」の姿もご覧いただけます。
順調に成長すれば、冬には“大きすぎるひな”として話題になった「けやき」のように、
ふわふわの羽毛で覆われた姿がご覧いただけるようになります。

※観覧窓のすぐ近くで育雛しています。写真撮影は大丈夫ですが、フラッシュ撮影や大声で騒ぐなどの行為は固く禁止させていただきます。あたたかく見守ってください。