2020年11月16日(月)から、日本最小のネズミ“カヤネズミ”を展示!

“カヤネズミ”は、日本では生息の北限が宮城県といわれており、仙台市の広瀬川流域でも生息が確認されています。展示を行う「広瀬川 海のみなもと山・里・川」のエリアは、仙台市内を流れる広瀬川をモチーフとし、海や川などの水環境だけでなく、その周辺にくらす生きものも展示することで「広瀬川」の豊かな自然環境を伝えています。また、カヤネズミは、宮城県レッドデータブックにおいて、要注目種に指定されており、圃場整備などによって生息域が減少している影響で、個体数の減少も懸念されています。普段は見ることのできないカヤネズミの展示、生態解説を通し、環境理解を深めるきっかけとなる展示を目指してまいります。

カヤネズミ 

学名:Micromys minutus 

英名:Harvest mouse

体重6~14g。頭胴長は54~79㎜。

体色は、背中が橙黄色、腹部は白色。畑や水田、沼沢地、河川敷など、イネ科植物のイネ科植物の密生した水気のあるところに生息する。日本では、宮城県が生息の北限と言われている。ススキ、チガヤなどの葉を編んだ球形の巣を1m前後の高さの茎につくる。繁殖期は年に1~2回で、1回に4~8匹出産する。