この度、12月に入りまして、フェアリーペンギンたちは
恋の季節を迎えました。

おうちの中には、床材といって卵が生まれた時に
おうちの外へと転がっていかないようにクッションを敷きます。
フェアリーペンギンは、“藁(わら)”をクッションにしています。

今日、その藁を、展示場に置いておくと…

ハギ君が、すかさずおうちから出てきて、藁をくわえて
おうちへと戻っていきました。

その藁のおかげで、おうちの中はというと…

少しずつ、集まってきているようですね。
これから5月頃までが卵を産む時期です。
わたしたち飼育員も2羽を温かく見守ろうと思います。