“びしせん”って聞いたことありますか?
漢字で書くと“尾脂腺”ですね。

尾脂腺とは、その名の通り、脂が出る腺です。
この尾脂腺をペンギンたちはどう使っているのかというと、嘴で脂を拭って全身の羽に塗って羽の撥水性を保っています。

その“尾脂腺”がペンギンの体のどこにあるかと言いますと...
ペンギンの尻尾の少し上にあります。ただ普段は羽で隠れています。

ペンギンたちの羽のお手入れ時間になると見えるときがあります。

入念にお手入れしている姿、見つけてみてください。