今日は、屋内ペンギンたちの体重測定をしました!

バックヤードに体重計を置いて、1羽ずつ測っていきます。

他にも、足裏チェックと爪切りも一緒に行ないます。
足裏チェックでは、趾瘤症と呼ばれる足裏に魚の目のようなものができてしまう病気にかかっていないかを確認しています。

これは、オウサマペンギンの足先です。
1人が保定し、もう1人が爪切りなどを行います。

屋内ペンギンは、体の小さいイワトビペンギンから当館で1番体の大きいオウサマペンギンまで飼育しています。
イワトビペンギンは、体重も軽く、測りやすいですが、オオサマペンギンになると10キロを越えてくるので、保定するだけでも大変です…

また、1ヵ月後にペンギンたちとの戦いが始まります…笑
バックヤードにペンギンたちを運んでいるときは、頑張ってー!と応援してください!