よく2階アメリカゾーンのある水槽の前に行くと、「わあーー!シャチだー!」という声が聞こえますが、残念ながらシャチではありません…(笑)

シャチと同じ白と黒の模様をしていますが、“イロワケイルカ”という種類です!!
実は、国内では2つの水族館でしか見ることができない、とても珍しいイルカです!
“イロワケイルカ”は、南アメリカ南端のフエゴ島やフォークランド諸島周辺の海域に生息しています。大人でも体長は約1.7mと、パフォーマンスをしているバンドウイルカよりも小柄な種類です。
うみの杜水族館では、よくシャチに間違われる“イロワケイルカ”ですが、見た目がジャイアントパンダにも似ているため、パンダイルカとも呼ばれることもあります!

うみの杜水族館で暮らしている“イロワケイルカ”は、今年で29歳になる女の子の「セーラ」です。
少し神経質ですが、しっかり者で、おなかの模様がハートの形をしているところが特徴です。
「セーラ」は、なんと国内最高齢のイロワケイルカです!
9月21日は、敬老の日ですね。セーラには長寿のお祝いと、これからの健康を祈って、たくさん感謝の気持ちを伝えたいと思います!
敬老の日には、皆さまもぜひ、おじいちゃん・おばあちゃんに感謝の気持ちを伝えてみてくださいね!