うみの杜水族館にいるビーバーが動いている姿を見たことはありますか?
ほとんど日中は寝ていることが多いので、なかなか動いている姿を見る機会はないかもしれません…。
それには理由があって、ビーバーは夕方~夜にかけて活動する夜行性なのです!
そのため、みなさんがビーバーを見る時間帯は、ビーバーにとっては寝る時間になっています。
昼間に寝ているビーバーですが、ビーバーの展示場はたくさんの柳が置いてあり、なかなか寝顔や寝相を見ることができないと思うので、今回は飼育員の目線から見るビーバーの寝相を紹介します!

まずは、こちら!!

仰向け!!この寝方はよく見ますね!!

夢の中でも柳を掴んでいるのか、きゅっと握っている手が可愛らしいですねー!
たまに口も開いていて、大きな前歯が見えるときもあります。

そして次は、大好きな柳を毛布のように体にかけて寝ています。

かじった柳を床材にすると言われていますが、まさか体にかけるなんて…!
大好きな柳に囲まれて幸せそうに寝ています。

最後は2頭仲良く寝ているところです。

「いいでしょ」と言わんばかりにこちらを見ているナギくんの表情が良い味出してますね笑

みなさんも、おもしろいビーバーの寝相を見つけてみてください!