皆さまこんにちは。水処理チームのTです。

前回の水処理ブログで濾過槽の働きのうち「物理濾過」について説明をしましたが、濾過槽にはもう一つ重要な働きがあります。それが「生物濾過」です。
今回は「生物濾過」について紹介していきます。

水の汚れには物理的に濾過できる汚れ(フン、エサの残り、プランクトンなど)と、物理的に濾過できない汚れ(水に溶け込んで目には見えない)があります。
目に見えない汚れの中でも魚たちにとって特に悪影響があるのがアンモニアです。

アンモニアはエサに含まれるタンパク質が分解され排出されます。アンモニアは、毒性が高いため、水にたくさん溶けていると病気の原因や最悪死に至ることがあります。魚を飼育するには、アンモニアをできるだけ0に近づけることが大事です。

アンモニアを0に近づけるために活躍するのが「硝化細菌」、またの名を「濾過バクテリア」といいます。実は濾過槽に入っている砂の表面には硝化細菌がたくさんついているんです。
硝化細菌の働きによって、アンモニアを亜硝酸に、さらに亜硝酸から硝酸へと変化させ、徐々に毒性を下げてくれます。この一連の流れを「生物濾過」といいます。

じゃ濾過槽があれば大丈夫なんだ!と思いますよね?
硝化によりアンモニアが硝酸に変わる過程でpHが低下します。pHが低下しすぎると、生きものに悪影響が出たり、硝化細菌の活性が低下したりします。そのため、水の交換(換水)やpHを上げる薬品を入れたりして、pHの低下を抑えています。

新しい水槽を立ち上げる場合、濾過槽も新しいものを使用することがあります。
新しい濾過槽の場合、濾過砂には硝化細菌がついていません。硝化細菌がいない状態で魚を飼育すると、生物濾過ができないためアンモニアが蓄積して危険です。
硝化細菌がいない状態から細菌が増えるまでには、長い時間がかかってしまいます。
そこで、硝化細菌がついている他の濾過槽の砂を、種砂(硝化細菌がついた砂)として新しい濾過槽の砂に混ぜることで、硝化細菌が早く増えてくれます。

今回は前回に引き続き濾過槽の働きを紹介しましたが、水質管理を行うためには他にもまだたくさんの作業があります。これから少しずつ紹介していきますのでお楽しみに!