こんにちは。アザラシ大好き!でも担当動物はイルカアシカバードの木村です。
突然ですが、みなさんはアシカのしっぽをすぐ思い浮かべることできますか?
「…しっぽ?あったっけ?」そんな声が続々と聞こえてきそうな予感が。。。
ということで今日は存在感激薄なアシカのしっぽ(尾)について紹介しちゃいます!

仙台うみの杜水族館には、4頭のカリフォルニアアシカがいます。
十人十色いろいろな人がいるように、アシカたちも十頭十色(?)。とても個性豊かです。
では、個性豊かなアシカのしっぽたちを紹介していきます!

【ノイ】
メス
4頭の中で一番の小顔(個人的見解)。
陸上を小走りで移動する姿がとてもキュート。

ノイちゃんのしっぽはコチラ!

濃い赤みがかった茶色をしていて全体的に太くて短い形ですね。手触りは毛を触っているな。という感触です。ツヤっとはしていない感じ。語彙力がなくてすみません…。

【アスカ】
メス
4頭の中で一番の骨太、健康優良アシカ。
とにかくジッとしていられない!Best of せっかち。

アスカちゃんのしっぽはコチラ!

明るい茶色をしていて、ノイちゃんと同じように全体的に太くて短い形をしています。
手触りなめらか!

【ルーシー】
メス
4頭の中で一番自由奔放。
女優気取りで「今、気分じゃないの。帰るわ。」とパフォーマンスを放棄して帰ってしまうことがあります。

ルーシーちゃんのしっぽはコチラ!

アスカちゃんのように明るい茶色をしていますが、筆のように細くて長さもあります。
そして見た目がツヤっとしていて手触りもなめらかです!

【アンディ】
オス
4頭の中で一番のマイペースボーイ。
獣舎の掃除に一番時間がかかる汚しのプロ。

アンディ君のしっぽはコチラ!

デカっ!!!
黒くて太くてとても立派なしっぽです。
手触りは毛量多め!!!若干ゴワッとします。

あなたのお好みのしっぽはどのアシカでしたか?
私はルーシーちゃんのしっぽがいいですね。いつまでもさわっていられます。
ちなみにアシカのしっぽは水中で泳ぐ際、方向転換をするときに使っているんだとか。
私はその決定的瞬間をまだ見れていません。
是非、水族館にお出かけしたらアシカのしっぽに注目してみてくださいねー!


最後に…クイズです!
誰のしっぽでしょうか?

答えは『アスカちゃん』でした!!!