魚類チーム・佐藤です!!!
あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします!

2022年は寅年ですが、大好きな「ウミウシ」のお話をしようと思います!

こちら「ヒカリウミウシ」という種類のウミウシです。名前の通り光る!らしい?です。
また、泳ぎも得意で、水槽内でも体を左右にグニャグニャ動かして泳いでいる姿を時々見かけます。1/10までは、2階の企画展示室で展示を行っています。

ウミウシかわいい!これが本物なのか!というお声をたくさん聴けて大満足の佐藤ですが、実はウミウシはとっても飼育が大変な生きものなんです。

ウミウシの仲間は世界に約5000種類がいるそうで、種類により食べる餌が変わってきます。ウミウシは決まったものしか食べないことが多く、その餌を確保するのが大変なんです。

しかし、ヒカリウミウシのいいところは、比較的“餌が用意しやすい”ところです!
当館では、冷凍されたプランクトンの「ホワイトシュリンプ」が好みのようで、水槽内に撒くと一斉に食べだします。

その食べるときに見てもらいたいポイントが口です。
普段、砂の上や水槽に張り付いているときには、口の存在が全く見つけられないのですが、

餌をさがしだすと…

ある!!口が!あいている!!!
しかも、顔(?)かわいい!!!

何となく子犬のような顔つきで餌を器用に吸い込んで食べている姿が本当にかわいいです。ヒカリウミウシ最高。

そして実は、このヒカリウミウシは全て、松島湾で(佐藤が)採集してきました。
松島湾にもウミウシっているんだ!!と、驚きました。

今後も展示を通じて、皆さまにヒカリウミウシの魅力をたくさんお伝えできるよう頑張りますので(主に採集…。)ぜひ、ヒカリウミウシの虜になってください!!