「つながり」をテーマにしたケープペンギンの新施設

『仙台うみの杜水族館』は、1階「うみの杜ビーチ」を改装し、海や生きものとの「つながり」をテーマにした、
ケープペンギンの新施設を2022年7月中旬にオープンいたします。
当館のコンセプトである“海と人、水と人との新しい「つながり」をうみだす水族館”を昇華させ、
2015年の開業以来、初めてのゾーンリニューアルを行います。
新施設は、ケープペンギンの生息地を再現し、まるで生息地を訪れたかのような一体感や、臨場感を体感できる環境一体型展示で、人との共通点も多いケープペンギンの生活を通じて、海や生きものとの「つながり」をさらにご体感いただける施設です。

※ケープペンギンの新施設(イメージ)

新施設は、ケープペンギンが多く生息する保護区である南アフリカの“ボルダーズビーチ”をモデルに、
ペンギンたちが暮らしやすい環境を追求しました。
活発に泳ぐ姿を観察できる“海コーナー”、多様な行動の発現を促し、生活の質が向上する“砂浜コーナー”、
巣作りや育雛の様子がわかる“営巣コーナー”で構成され、さまざまな演出により、
これまでの展示では見ることのできなかったペンギンたちの行動や生活の様子を間近で観察できます。
また、新施設に隣接するフードコートも、ペンギンたちのかわいらしい姿を見ながら、
食事をお楽しみいただける空間に変身します。

さまざまな角度からペンギンの生活を知り、
見守るような気持ちで観察することで、
ペンギンたちとの「つながり」をご体感いただけます。