長い頭部に流線型のスマートな体、大きく真っ黒な目が特徴的。英名で「ブルーシャーク」という名のとおり、鮮やかなインディゴブルーの背中と真っ白の腹部とのコントラストは大変美しいことから、世界で最も美しいサメとも言われております。

学名:Prionaceglauca
英名:Blue shark

日本でここだけ!ヨシキリザメの展示

ヨシキリザメはフカヒレの原料となるサメで、宮城県は日本有数の水揚げを誇っています。飼育例はほとんどなく、飼育が非常に難しいサメです。当館でしか観ることのできない貴重なサメで、長期の飼育に挑戦していきます。

ヨシキリザメ(幼魚)の飼育展示

ヨシキリザメの飼育展示、特に幼魚はほとんど例がなく、生きた姿を知る人はほとんどいません。ヨシキリザメの飼育展示を通じ、三陸のうみの生物に対する理解を深めるとともに、その大切さを伝えたいと考えております。
※現在飼育中のヨシキリザメの幼魚は全長約70㎝です!

この生きものが見られる場所