2017年3月11日 うみはともだちセレモニー実施いたしました

『仙台うみの杜水族館』では、東日本大震災から6年目を迎えた2017年3月11日(土)に、
地元の中野栄小学校の児童を招待し、「うみはともだちセレモニー」を実施いたしました。

時の経過とともに震災の記憶が薄れてしまわないように、そして震災によって「脅威の海」となってしまった海ではなく、私たちは海と共に生き、海からの多大なる恩恵を授かっている「恵みの海」という魅力を、伝えたいという思いから「うみはともだちセレモニー」が企画されました。
セレモニーでは、トレーナーがマリンピア松島水族館で経験した震災当時の様子や『仙台うみの杜水族館』として、これからも地域の皆さまと復興に向けて共に歩んでいくことをお話しました。
その後14:46に全館で黙とうを行い、約70名の児童の皆さまと特別パフォーマンスを実施しました。

レクチャー

[トレーナーによるレクチャー]

特別パフォーマンス

[特別パフォーマンス]

東日本大震災から6年を迎え

2011年3月11日に発生した東日本大震災から、6年が経過いたしました。
時の経過とともに震災の記憶が薄れてしまわないように、また、未来に向けた活力を感じていただけるように、仙台うみの杜水族館では、被害にあわれた方々への支援や被災地の復興支援、未来を担う子供たちへの様々な活動を、地域の方々と共に行い、ご来館いただいたお客さまをはじめ、全国へと発信してまいりました。
そして本年も、3月11日に地元の小学生をお招きし、「うみはともだちセレモニー」を実施することができました。ご協力いただいた皆さまに、心から感謝を申しあげます。
今後も「復興を象徴する水族館」として、東北・宮城の魅力を全国に向けて発信してまいりますので、引き続きのご支援ならびにご愛顧のほど、よろしくお願い申しあげます。

2017年3月11日
仙台うみの杜水族館
館長 藤森 純一